2018-10-23

必要なスキル、メリットetc…気になる情報を紹介します!

企業に勤めるサラリーマンとは違い、フリーランスの収入額は自分が生み出した付加価値によって決まる。つまり、人の役に立つ製品やサービスを多く販売できる人が、フリーランスとして多くの収入を獲得できることになるのだ。
そして、企業では提供できない製品やサービスをフリーランスが提供するためには、市場で優位な位置を獲得するためのスキルが必要だ。

収入額に直結する、フリーランスが獲得しやすいスキルはIT系のスキルだ。
特に多くの収入を確保するためには、プログラミング系の知識や技術が必要になる。
ホームページを保有している企業であっても、社内で実際にプログラミングをし、一からホームページを作ることができる人材は驚くほど少ない。そのため、多くの企業が外注に頼ってホームページを作っている。
ホームページを作りたいが適切な人材がいないという企業は、フリーランスにとって良い顧客になる。
フリーランスなら意思決定に時間がかかる会社とは違い、顧客の要望に迅速に答えることができる。

ホームページの作成以外にも、アプリや電子書籍の制作など、できることは沢山ある。
しかも、これらのIT関係のことは多くの企業がやりたがっているが、適切な人材がいないという理由で諦めているものだ。
特に、野心的な経営者が運営している中小企業なら、やりたいことは沢山あるものの、人手が足りないために頓挫しているのが現状だ。そのような会社を顧客にすることで多くの付加価値を生み出し、大きな収入を手にすることができる。

このようなスキルを獲得して活躍できる職種や収入の相場、気になる仕事の獲得方法が記されたホームページを見つけたので、最後に紹介しておく。
↓↓
フリーランスはどれくらい稼げる?